2008年07月10日

LEUCHTTURM1917(ロイヒトトゥルム)とモレスキン

やっぱり手帳も必要だと言う事で、モレスキンでも良かったのだけど、なんとなく気になってたLEUCHTTURM1917(写真上)を買ってみた。

モレスキン(写真下)に良く似てるが、ちょびっと縦長で、目次の頁があったり、頁数や日付の欄があったり、後ろの方の頁にはミシン目があったり、オマケのラベルが付いてたり。

使い勝手は・・・モレスキンみたい(笑)。
まぁ、その分、同じように使いやすいってことだけど・・・ちょっと似過ぎか?

まぁ、モレスキンも伝統あると言っても、現在Modo & Modo社が売ってるのは、ほんの10年前に復刻した物だそうだし、そもそも何でイタリアの会社がフランスの伝統の手帳を売っているのか謎。
つぶれた工場や職人が移籍したのかと思えば、中国製とWikipediaには書かれている(本当?)。
モレスキンは登録商標のやうだけど単に名前買ったのだろうか?
とは言え、ロイヒトトゥルムはもう少し捻りがあった方がむしろ売れると思うけど、欧州ではそうでもないのだろうか?
posted by TOYO at 01:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102549343

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。